読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第24話解説

インドネシア語・ビマ
『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第24話のあらすじは次の通り。 レナとランディが戦場に来て、倒れていたレザを助けるが、レイは見つからない。レザはイスカンダル邸に行くが、すぐに出てしまう。 コウモリ型のフェリフェル・モンスターがレザを見つけフドーに戻るように言うが、レザは拒否。フェリフェルはガマガエル型のグレモンティス、クモ型のアラクノフス、タコ型のオクトポダ、サソリ型のファルクスをよみがえらせて5人でレザに襲いかかる。そこにイワンおじさんが通りかかりいろいろな物を怪人たちに投げつけ、イワンとレザはその場から逃げ去る。 レザはイワンの話を聞いて死ぬのではなく生きていく決意をする。 レザはアザゼルに変身すると、タラニスをフドーから与えられたベルトに突き刺してこれを外す。そして、ガルーダの騎士アザゼルと名乗り、5人の怪人たちと戦う。まず再生怪人4人を倒すと、アザゼルとフェリフェルの戦いになる。フェリフェルは強敵でアザゼルは苦戦する。 アザゼルがレイを呼ぶと、どこかで眠っていたレイが目を覚まし、ビマがアザゼルのもとに現れる。ビマとアザゼルはともにフェリフェルと戦う。空中で2人はダブル・ガルーダ・クラッシャーでフェリフェルを倒す。 レイとレザは帰宅。イスカンダル家の3人に歓迎される。