読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第22話(GACKTがゲスト出演)解説

『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第22話のあらすじは次の通り。 ビマとビマ・レジェンドの戦いが続く。 一方、マヤは石碑の写真を見て、石碑に刻まれている文字の意味は「ガルーダの騎士。1人の用意が整った時、もう1人が闇の力を取り除くことができる」だとランディに言う。 ビマとビマ・レジェンドは変身を解く。ノワールはレイにお前はパワー・ストーンの力を十分に引き出していないと言い、レイとヘリオスと2つのパワー・ストーンのすべてがビマであり、これらすべての力がレイの正義の心の中で一体になった時こそ真の意味でビマに成れると語る。 マヤとレナとランディはファルグルフ・モンスターに襲われる。そこにレイが現れ、ビマに変身してファルグルフと戦う。 マヤとレナとランディは逃げるが、今度はコウモリ型怪人に襲われる。そこに、ビマ・レジェンドが現れる。怪人は勝ち目がないと思って逃げる。 ビマはブルー・サンダー・ストームでファルグルフを空中高く吹き飛ばすと、ヘリオスと合体して空を飛び、ゴッド・ヘリオス・ジャッジメントで怪人にとどめを刺す。 ノワールはマヤを連れてパラレル・ワールドへ戻る。 ラスプーティンの手の中にはこれまでに死んだ3人の怪人の体内にあったパワー・ストーンがある。 レイが博物館の石碑の前にいると、ミカイルが現れ改めていずれ誰の邪魔も入らない形で決着をつけようと言う。 なお、ノワール役で出演しているGACKTの台詞は日本語と英語だ。