読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第2話解説

『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第2話のあらすじは次の通り。 ビマとレナはトペン・ベシ(英語名アイアン・マスク)の攻撃からなんとか逃げることができた。 宇宙船に戻ったトペン・ベシはラスプーティンに通信で戦況を報告、ラスプーティンは早くミカイルを捕らえるように命じる。 ビマはとらわれたランディを助けに行って、ふたたびトペン・ベシと戦うが、トペン・ベシはランディを連れて逃げる。 兄のことを心配しているレナは両親に代わってランディとレナを育てたイワンおじさんに慰められ、レイにも慰められる。 レイは腕につけたアイテムの導きに従いランディがとらえられている場所に行く。レイはランディの目前でビマに変身して、トペン・ベシと戦う。戦闘中に聞こえたミカイルの声に従い、ビマはヘリオスという武器を使ってトペン・ベシに勝つ。 死んだと思われたトペン・ベシはラスプーティンの力で助かっていた。ラスプーティンはトペン・ベシに世界征服のために7つのパワー・ストーンが必要だと言う。 レイはミカイルと会うが、自分はビマとして大きな責任を負うことはできないと言う。 次に、今回出た言葉の解説。 ヘリオス(Helios)はギリシャ神話の太陽神。 パマン(Paman)はインドネシア語でおじさんという意味。 第1話から第7話までの見所