読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの戦士ビマX』第24話:最後のパワーストーンの追跡!

インドネシア語・ビマ

『ガルーダの戦士ビマX』(ガルーダの騎士ビマX、サトリア・ガルーダ・ビマX)(Satria Garuda Bima-X)
第24話:最後のパワーストーンの追跡!(原題:Mengejar Power Stone Terakhir!)

今回からオープニングとエンディングにトルガとディマスが加わっている。あらすじは次のとおり。

テレビでアルメイン教授(Prof. Armein)のインタビューが放送されている。教授は科学者(ilmuwan)で、2015年アジア科学賞(Penghargaan Sains Asia 2015)にノミネートされている。このインタビューで教授はブラマサクティとイスカンダルという科学者に言及する。

一方、街中にサイ怪人マグナ(Magna Monster Badak)が現れ、ビマXとトルガがこれと戦う。戦闘中マグナは呼び出しを受けて撤退。

そして、「レクソールの手から最後のパワーストーンを救え!」(Menyelamatkan Power Stone terakhir dari tangan Rexor!)というテロップが表示される。

レイとレザとランディはインドネシア調査研究所(Institut Penelitian Indonesia)にアルメイン教授のもとを訪れるが、教授はパワーストーンのある場所は教えない。すると、マグナと戦闘員たちが研究所を襲う。ビマXとアザゼルが彼らと戦い、後にトルガもこれに加わる。アザゼルとトルガはマグナが電気に弱いことに気づき、ダブル雷攻撃でマグナを倒す。一方、ビマXはグレート・モンスター・モッサと戦うが、モッサが教授を人質にしたので、ビマXは戦いにくくなる。

ラストシーンでは、「この後に続くメッセージの後に、紫のビマXの登場を見よ!」(Saksikan kemunculan Bima-X Ungu! Setelah pesan-pesan berikut ini)というテロップが表示される。

次回のサブタイトルは、「見えない力…紫のビマX!」("Kekuatan yang Tak Terlihat…BIMA-X Ungu!")