読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第25話解説

インドネシア語・ビマ
『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第25話のあらすじは次の通り。 レザはレイに両親が生きていると思うと言う。 ビマとアザゼルは大勢の戦闘員を倒した後、遂に地球にやって来たラスプーティンと対決する。しかし、ラスプーティンは強敵で、ビマとアザゼルはパワー・ストーンを奪われてしまう。 7つのパワー・ストーンがそろったことで、フドーの巨大なロボット兵器グランド・ガトール(Grand Gator)が動き出す。グランド・ガトールはジャカルタを火の海にする。 変身できないレイとレザはこれに為す術がない。すると、2人の前に大きなヘリオスが現れる。レイ、レザ、レナ、ランディはこれに乗って空を飛ぶ。 今回出てきた言葉の解説。 レザがランディに呼びかける時に使ったbapakはインドネシア語で目上の男性に対して使われる敬称だ。 グランド・ガトール(Grand Gator)のgatorは英語ではワニという意味がある。