読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第23話解説

『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第23話のあらすじは次の通り。 道場でレイとランディは武術の試合をする。試合の後、ランディのもう1人弟が欲しいという発言を受けて、レイは今はフドーの手先になっているミカイルことレザを取り戻すことを決意する。 アザゼルの武器タラニスの導きに従い、レイはミカイルとの決戦の場に向かう。レイとミカイルはともに変身する。ビマとアザゼルの死闘が続く。変身が解けても2人は戦い続けるが、突然コウモリ型怪人のフェリフェル・モンスターが攻撃してきて、その攻撃がミカイルに当たる。レイはミカイルを連れて逃げる。 レイはビマに変身してミカイルを守る。しかし、フェリフェルは宇宙船からの砲撃を始める。ビマはガルーダ・シールドでミカイルを保護する。ミカイルがようやくレザとしての記憶を回復する。 今回出た言葉の解説。 フェリフェル(Velifer)はラテン語で帆を持つという意味、ラテン語での発音はウェリフェル。Myotis veliferという学名のコウモリがいる。