読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第16話解説

『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第16話のあらすじは次の通り。 アザゼルは生きていた。地上に降りたアザゼルはトペン・ベシと戦うが、ラスプーティンにやめるように命じられ、両者は戦いをやめ、アザゼルはラスプーティンのもとに戻る。 ラスプーティンは戻ってきたミカイルにミカイルはレイの弟だと告げる。そう言われたミカイルは昔の記憶を取り戻しつつあった。ラスプーティンはそのようなミカイルを監禁する。 レイは飛行場に行くとそこにはトペン・ベシがいた。レイはビマに変身して彼と戦う。ビマがヘリオス・ブラスターで攻撃すると、トペン・ベシが分身して2人になる。2人の敵にビマは苦戦する。 一方、監禁されているミカイルのところに、謎の男女が現れて、ミカイルをレザと呼ぶ。