読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第15話解説

インドネシア語・ビマ
『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第15話のあらすじは次の通り。 アザゼルはZU-formulaを兵器に改造しようと企む。 レイはミカイルがアザゼルだと知る。レイはビマに変身してアザゼルと戦う。ビマはヘリオスを使うが、アザゼルもこれに似たタラニスを使う。ビマはヘリオス・ブラスターで攻撃するが、アザゼルは逃げる。 ベリンダの父が持って行ったパソコン内のGPS機能のおかげで、ベリンダの父たちが捕まっている場所がわかり、レイとランディはそこへ向かう。 ランディがベリンダの父たちを連れだした後、レイはビマに変身してメガロドン・モンスターと戦う。ブルー・ストームでレナを分離した後、ガルーダ・クラッシャーでとどめを刺す。 レナはビマが発した「もち」(日本語の餅のこと)で、ビマがレイだと気付き、ビマもそうだと認める。 アザゼルの乗っていた宇宙船がトペン・ベシによって爆破される。 次は今回出た言葉の解説。 タラニス(Taranis)はケルト神話の雷神。