読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第14話解説

インドネシア語・ビマ
『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第14話のあらすじは次の通り。 レイとレナはレナの友人たちと一緒に島で休日を過ごす。 島ではZU-formulaという破壊力の大きい装置の実験が行われている。 夜レイはレナとの約束を破り、フドーの戦闘員のいるところに急行する。このためレナはサメ型怪人のメガロドン・モンスター(Megalodon Monster)に襲われる。 メガロドンはホテルに現れる。ビマはメガロドンにブルー・ストームを当てると、メガロドンの体内にいるのがレナだと知る。 次は今回出た言葉の解説。 メガロドン(Megalodon)は現在は絶滅している古生物のサメ。megalodonという語は古典ギリシャ語で大きいという意味のmegalosと同じく歯という意味のodousの合成語だ。