読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第9話解説

インドネシア語・ビマ
『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第9話のあらすじは次の通り。 港でビマはオクトポダと戦うが、オクトポダは逃げる。 ランディとイワンおじさんはレイの父とランディの父が働いていた大学に向かう。2人をジョージが尾行する。 港でビマはまたオクトポダと戦おうとするが、食料危機で身勝手になった人間たちがオクトポダに促されてビマを襲う。 レイはミカイルと会い、人間を守ることに疑問を感じたと言うが、ミカイルは弱みを見せれば敵につけこまれるぞと警告する。 大学でランディはレイの父とランディの父が何か危険な研究をしていたことを知る。 港でビマはまたオクトポダと戦う。ブルー・ストームで港湾職員を分離するが、目つぶしの墨を浴びて苦戦する。ここでミカイルとの特訓を思い出し、心眼を使って戦い、ガルーダ・クラッシャーで怪人を倒す。 ビマを襲った男は後日ジョージのインタビューに答えて、自分の行為を恥じていると言い、ビマを称賛した。