読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第8話解説

インドネシア語・ビマ
『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第8話のあらすじは次の通り。 タコ型怪人のオクトポダ・モンスター(Octopoda Monster)が港に現れて、港湾職員を体内に取り込む。 一方、ランディはレイが初めてイスカンダル家に来た時のことを思い出し、イワンおじさんにレイの両親と弟およびランディの両親が行方不明になった事情を尋ねるが、イワンは何も知らないと答える。 オクトポダは港を次々と襲い、倉庫内の食料を荒らす。海運システムが混乱したために、インドネシアでは食料が不足して食料価格が高騰する。 港でビマはオクトボダと戦うが、目つぶしの墨を浴びせられる。 次に、今回出た言葉の解説。 オクトポダ(Octopoda)は英語でタコという意味のoctoousに由来する。