読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第6話解説

インドネシア語・ビマ
『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第6話のあらすじは次の通り。 クモ型怪人のアラクノフス・モンスター(Aracnofus Monster)が赤道銀行を襲い、銀行員に銀行間のネットワークを停止させる。この結果、ATMから預金を下すことができなくなり、市民の生活と経済が混乱する。 この騒ぎの中、ランディがアラクノフスに襲われ体内に取り込まれる。 次に、インドネシア銀行が襲われ、アラクノフスは金塊の保管されている金庫を開けさせる。 ビマがアラクノフスのいるところに急行。ビマとアラクノフスの戦いを独断でビマの取材をしているジョージが写真撮影する。ビマがブルー・ストームでアラクノフスを攻撃すると、ビマはランディが怪人の体内に取り込まれていることを知る。 次は今回出てきた言葉の解説。 アラクノフス(Aracnofus)はクモという意味の古典ギリシャ語アラクネー(Aráchnē)に由来する。 Bank Khatulistiwaは赤道銀行。融資に当たって環境と地域社会への影響を考慮するという原則の赤道(エクエーター)原則に基づいて運営されている銀行だと思われる。 Bank Indonesiaはインドネシア銀行。インドネシア中央銀行である。