読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『ガルーダの騎士ビマ』第4話解説

インドネシア語・ビマ
『ビマ・サトリア・ガルーダ』(Bima Satria Garuda)第4話のあらすじは次の通り。 テレビ局に勤めているジャーナリストのジョージ・アリフィン(George Arifin)はビマに興味を持ち取材を始める。しかし、街で写真撮影中に財布をすられる。 夜財布をすった男は仲間たちに財布を見せつけて自慢する。そこにガマガエル型怪人のグレモンティス・モンスター(Gremontis Monster)が現れ、その男を襲い自分の体内に取り込む。そこをたまたま通りかかったジョージがグレモンティスに催眠術をかけられるが、ビマに助けられる。ビマとグレモンティスは戦うが、劣勢になったグレモンティスは逃げる。ジョージはビマにあなたは何者かと問うが、ビマは無言で立ち去る。 グレモンティスがまた街に現れ、人々に催眠術をかける。人々は線路の上を歩き、列車が近づいてくるが、ビマが彼らを助ける。ビマはまたグレモンティスと戦うが、またグレモンティスは逃げる。 グレモンティスは次にテレビ局のニュースキャスターに催眠術をける。キャスターはテレビ局に着くと、スタッフに音楽CDを渡してこれを番組のエンディングで流すように言う。テレビを通じてこの音楽を聞いた男が催眠術にかかり、飛び降り自殺する。 今回使われた言葉の解説。 masはインドネシア語で男性に呼びかける言葉。