読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『牙狼 魔戒ノ花』第13話での言葉遣いに関する疑問

日本語
牙狼 魔戒ノ花』第13話でクロウが雷牙に「よければ、御一緒しますか」と言った。この台詞に筆者は違和感をいだいた。 最近テレビドラマの台詞で敬語の使い方がおかしい例が時々見つかるが、今回もそうだ。 クロウは基本的に黄金騎士の雷牙に対しては敬意をもって接している。にもかからず、「よければ、御一緒しますか」という台詞では敬語になっていない。「御一緒する」というのは自分が相手に同行することをへりくだって表現する言葉なので、雷牙の行動についてこの言葉を使うのは間違いだ。正しくは「よろしければ、一緒にいらっしゃいませんか」と言うべきだ。 筆者は劇中の人物が全員正しい敬語を使うべきだと主張しているのではない。敬語を正しく使えるかどうかは登場人物の氏・育ちにかかわることだ。その人物の育ちが悪い、または十分な教育を受けていないといった背景を示すといった意図があるなら、敬語の使い方を間違った台詞を言わせていいと思う。しかし、何の考えもなしに、そのような台詞を言わせるのであれば、脚本家や監督の言葉に関する知識が不足しているというほかない。 脚本にも校閲が必要なのかもしれない。