読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の特撮ヒーロージャーナル

世界中の特撮ヒーローを紹介します。

『仮面ライダー鎧武』の「戦略ミサイル」は核兵器とは限らない

きのう放送された『仮面ライダー鎧武』第34話で使われた「戦略ミサイル」を核兵器だと思っている人が多いらしい。だが、このような理解は正確なものではない。 戦略ミサイルは戦略兵器の1種である。kotobankによると、戦略兵器とは、「敵国の重要な産業・軍事施設などを攻撃・破壊し、戦力や経済基盤に大きな損害を与え、戦争遂行能力を失わせることを目的とした兵器。大陸間弾道ミサイルICBM)・潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)・短距離空対地ミサイル(SRAM)・空中発射巡航ミサイル(ALCM)・戦略爆撃機など」をいう。そして、戦略兵器のなかには非核戦略兵器というものがあり、これはkotobankによれば、「戦略核兵器以外の戦略兵器。通常の弾頭を搭載した弾道ミサイルなど」をいう。 さらに、防衛大学校安全保障学研究会・編『安全保障学入門』(亜紀書房、1998年)302頁では、戦略ミサイルの「弾頭には核、化学、通常弾頭の三通りある」と書かれている。 以上のことから、戦略ミサイルが核兵器だとは限らないということは明らかだ。 『仮面ライダー鎧武』第34話で登場した戦略ミサイルがどのような性格のものかという点について論じようとすれば、もっと軍事的な側面について語る必要があり、別の記事で書きたいと思う。